京都先端科学大・中島輝士監督 公式戦初采配で初白星「やっぱりうれしい」

[ 2020年8月26日 19:55 ]

京滋大学野球秋季リーグ第1節第1日   京都先端科学大5―3花園大 ( 2020年8月26日    わかさスタジアム京都 )

<京都先端科学大・花園大>選手交代を告げる京都先端科学大・中島輝士監督
Photo By スポニチ

 京都先端科学大が初戦を制し、日本ハム、近鉄で活躍し、今年1月に就任した中島輝士監督(58)に公式戦初采配初白星を贈った。

 1―1の5回1死二、三塁から「4番・DH」の木戸滉人(3年=水口)が右越えに決勝の3ラン。3投手の継投で追いすがる花園大を振り切った。

 試合後にはマスク越しに安どの表情を浮かべた指揮官。「公式戦初勝利はやっぱりうれしいもんですよ。選手は緊張してたみたいだけど、緊張しないとダメだと思う。そういう経験をして、レベルアップしてほしい」とナインに成長を促した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月26日のニュース