ヤクルト 初回に菅野討ち2点先制、山崎美守も…高津監督「2回以降は得点は遠かった」

[ 2020年8月26日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト4―8巨人 ( 2020年8月25日    神宮 )

5回巨人2死満塁、中島の打球を好捕するヤクルトの中堅手山崎
Photo By 共同

 ヤクルトは菅野を相手に7試合ぶりに先制点を奪ったが、勝利には結びつかなかった。

 初回無死一、三塁から青木が右前適時打を放つなど2点を奪った。しかし、2回以降は相手エースの前にわずか1安打。高津監督は「立ち上がりは積極的に良い攻撃ができたが、2回以降は塁に出してもらえず、得点は遠かった」と脱帽した。上半身のコンディション不良からの復帰先発となった石川に今季初勝利をプレゼントしようと、5回2死満塁から左中間に抜けそうになった中島の打球を中堅の山崎がダイビングキャッチするなどもり立てたが、救援陣が終盤に崩れた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月26日のニュース