ヤクルト山田哲がサイクル安打!史上66人目「達成できたのはすごくうれしい」

[ 2018年7月9日 21:24 ]

セ・リーグ   ヤクルト5―8巨人 ( 2018年7月9日    静岡 )

<ヤ・巨>9回1死一塁、山田哲が右翼へ三塁打を放ちサイクル安打を達成(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの山田哲人内野手(25)が9日の巨人戦でサイクル安打を達成した。

 山田はこの日の初回に左前打、3回は四球、5回に一時同点となる左翼ポール直撃の18号2ラン、7回に左翼越えへ二塁打を放って王手をかけると、9回に右翼へ三塁打を放ち達成した。

 チームが6連敗を喫し表情は緩まなかったが「達成できたのはすごくうれしいと思う」と語った。

 今年4月31日にソフトバンクの柳田悠岐が日本ハム戦で達成して以来プロ野球史上66人、71度目、セ・リーグでは36度目(33人)。ヤクルトでは2003年7月1日に稲葉篤紀が横浜戦で達成して以来となる。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月9日のニュース