ダル ひと安心「違和感が8割方なくなっていた」

[ 2018年7月9日 05:30 ]

カブスのダルビッシュ(AP)
Photo By AP

 右上腕三頭筋の腱炎で故障者リスト(DL)入りした後、右肘の炎症などが判明したカブスのダルビッシュは、患部について「違和感が8割方なくなっていた」と明るい表情で話した。

 キャッチボール再開は「遠征先のサンフランシスコあたりで始めないと」と9日(日本時間10日)からのジャイアンツ3連戦を視野。ジョー・マドン監督も「ウエートルームで会ったら、力強さが戻っているように見えた」とひと安心の様子だった。 (シカゴ・奥田秀樹通信員)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月9日のニュース