ハム大田 自己最多47打点「いい1本だった」

[ 2018年7月9日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム6―3ロッテ ( 2018年7月8日    ZOZOマリン )

<ロ・日>2回2死満塁、大田は先制の左前2点打を放つ (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 日本ハム・大田が自己最多47打点をマークした。2回2死満塁からスライダーに詰まりながらも左前へ運び、先制の2点適時打。

 これまで自己最多だった巨人から移籍1年目の昨季は118試合で46打点だったが、今季は75試合目で上回った。「いい1本だった。ああいうところで1本出ないと勝てない」と主導権を握る一打に笑顔。6回に左手甲に死球を受けて途中交代したが「大丈夫」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月9日のニュース