PR:

【京都】日星・吉見 8回2死まで完全投球も…それでも1安打1四球で完封勝利

第100回全国高校野球選手権京都大会1回戦   日星1―0京都明徳 ( 2018年7月9日    わかさスタジアム京都 )

<京都明徳・日星>9回、最終打者を打ち取りガッツポーズする日星・吉見(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 日星の吉見誠弥投手(3年)が1回戦の京都明徳戦で快挙を逃した。コーナーを突く丁寧なピッチングで8回2死まで圧巻の完全投球。打者・島津をチェンジアップで打ち取ったかにみえたが、打球は右翼手のグラブをかすめて右前で弾んだ。

 快挙を逃したとはいえ、1安打1四球で完封。吉見は8回に右前打で出塁。その後、1死二、三塁から相手投手の暴投で決勝のホームを踏んだ。投打にわたる活躍だった。背番号1は「勝つことだけを考えて投げました」と汗をぬぐった。山中始之監督は「吉見さまさまです」とエースを称えた。

[ 2018年7月9日 20:21 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月20日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム