PR:

【長野】岩村田・中沢 両足つりながら気力で1失点完投勝利「後半の方はほぼ記憶がない」

第100回全国高校野球選手権記念長野大会1回戦   岩村田3―1飯田 ( 2018年7月9日    松本市 )

<岩村田・飯田>最後の打者を抑え仁王立ちの岩村田・中沢
Photo By スポニチ

 岩村田の中沢拓哉(3年)が両足をつりながらも1失点完投勝利を収めた。直球を武器に好投を続けていたが6回の走塁時に両足をつって試合が中断。その影響で7回に1点を失ったが「まだ1点あるからゆとりを持って投げようと思った。でも後半の方はほぼ記憶がない」と気力で投げきった。

 公式戦の先発は1年時の秋季大会以来。春季大会後に右すねを負傷。満足に走り込みができず「不安を残したままだったが想定内」とアクシデントにも落ち着いていた。今夏初めてエース番号を託された男はバットでもチームに貢献。2―1で迎えた8回無死一、三塁の好機で試合を決定づける左犠飛。「たまたま。4番が打たないといけないと思って思い切り振り抜いた」と4番の責務を果たした。

 次戦はシードの松本国際と対戦する。「後半は球が浮いてきた。結果オーライだった。次はそうはいかないので身体を休めて万全で臨みたい」と次戦に目を向けていた。

[ 2018年7月9日 21:08 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月21日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム