巨人・今村 粘投2勝 初適時打が同点打

[ 2018年7月9日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人6―4広島 ( 2018年7月8日    東京D )

<巨・広>2勝目を挙げた巨人先発の今村 (撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 巨人の先発・今村が粘投で2勝目を挙げた。2回2死でバティスタに先制弾を許すなど、5回を1安打2失点。5四死球と制球に苦しみながらも試合をつくった。

 打撃では2回2死一、二塁からプロ初適時打となる同点の中前打。「四死球が多くて申し訳なかった。(吉川)尚輝が打ってくれなかったら勝ててなかったですし、野手の皆さんに感謝です」と頭をかいていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月9日のニュース