ロッテ酒居 ミスミス6回途中5失点「流れを悪くした」

[ 2018年7月9日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ3―6日本ハム ( 2018年7月8日    ZOZOマリン )

<ロ・日>6回途中でマウンドを降りる酒居(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ロッテはミスが重なり、4位に転落した。2回1死一、二塁で酒居が投ゴロの処理を焦って併殺を逃し、大田に2点適時打。6回1死一、三塁では三塁への偽投でボークを取られて3点目を失うなど、6回途中5失点で降板し「やってはいけないことをして流れを悪くした」と反省した。

 攻撃でも1点差の5回1死一、三塁で平沢がワンバウンドの投球でスクイズを空振り。飛び出した一塁走者が刺される拙攻で同点機を逃し、井口監督は「何とか(バットに)当ててほしかった」とため息をついた。

 ▼ロッテ・福浦(9回に右前打を放ち、通算2000安打まであと21本)初球から行こうと思っていた。(盛り上がりは)ありがたいけど、チームが勝てばね。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月9日のニュース