【静岡】静岡商・古屋 毎回15Kノーヒッター「全国優勝します」

[ 2018年7月9日 09:01 ]

第100回全国高校野球選手権記念静岡大会1回戦   静岡商2―0富士宮東 ( 2018年7月8日    草薙 )

<富士宮東・静岡商>ノーヒットノーランの偉業を達成し、高田監督(左端)から祝福される静岡商のエース古屋
Photo By スポニチ

 静岡商のエース右腕・古屋が富士宮東相手にノーヒットノーランを達成した。最速139キロの直球を軸に2度の4者連続を含む15奪三振。毎回で先発全員から奪った。

 出した走者は2回1死からの死球だけで「初戦はロースコアになる。でも1点取ってくれれば抑えられると思っていました」と涼しい顔だ。第50回大会に新浦寿夫氏(67)を擁し、全国準優勝している古豪。昨年10月まで外部コーチだった新浦氏から1年夏に野手から投手へと導かれた古屋は、その恩を返すため「必ず新浦さんを超えて全国優勝します」と宣言した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月9日のニュース