楽天 借金最多タイ20 中継ぎ陣粘れず

[ 2018年7月9日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天3―4西武 ( 2018年7月8日    楽天生命パーク )

 楽天は2度のビハインドを追いつく粘りを見せたが、中継ぎ陣が崩れ2連敗となった。1―1の10回に松井が1死から外崎、メヒアに連続被弾。その裏に今江の2点適時打で同点にしたが、11回に高梨が秋山に真ん中のスライダーを右翼ポール際に運ばれた。

 高梨は「完全に失投。一発を打たれてはいけない場面で…」と肩を落とした。これで、借金は今季最多タイの20。平石監督代行は「最後まで粘ってやってくれたが、勝ち越せず悔しい」と唇をかんだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月9日のニュース