【東東京】メンディー母校・郁文館 関が脱力投法で完封

[ 2018年7月9日 08:25 ]

第100回全国高校野球選手権記念東東京大会1回戦   郁文館3―0正則学園 ( 2018年7月8日    神宮第2 )

<郁文館・正則学園>3安打完封し、ガッツポーズで喜ぶ郁文館の関
Photo By スポニチ

 郁文館のエース右腕・関が公式戦初完封の好投で正則学園を下し、2年連続で初戦を突破した。

 低めの制球がさえて散発3安打。5月に脱力しながら投げる方法をトレーナーから教わり「3連投とかできるようになった。今日もその成果」と喜んだ。先月、プロ野球の始球式で133キロを記録したGENERATIONSの関口メンディーは野球部OB。関は「僕らも歴史に名を刻みたい」と腕をぶした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月9日のニュース