ヤクルト バレ19号空砲で5連敗 前半戦負け越し決定

[ 2018年7月9日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト4―5中日 ( 2018年7月8日    ナゴヤD )

<中・ヤ>2回無死一塁、一塁走者・雄平は畠山の二直で飛び出し、アウトとなりガックリと倒れこむ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは5割復帰からの5連敗で借金5まで後退し、前半戦の負け越しが決まった。バレンティンが1点を追う4回1死二塁に同点適時打。6回2死一塁にもリーグ最多に並ぶ一時逆転の19号2ランを右翼席へ運びながら直後に3失点してリードを守れなかった。

 ナゴヤドームは今季5戦全敗、昨季からは7連敗。バレンティンは「勝てなかったけど、また自分の仕事をするだけ」と切り替えた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月9日のニュース