PR:

【熊本】秀岳館 3年連続Vへコールド発進 久木田監督で最初の夏も橋口主将「やることは変わらない」

第100回全国高校野球選手権記念 熊本大会1回戦   秀岳館10-0牛深 ( 2018年7月9日    県営八代 )

本塁打を放った秀岳館・八方
Photo By スポニチ

 昨夏代表の秀岳館が貫禄の6回コールド勝ちを収め、夏の甲子園3年連続出場へ好発進した。

 打線が1本塁打を含む15安打を放てば、投げては石川が4回を、志賀が2回をそれぞれ無失点に抑える零封リレー。

 それでも橋口主将は「走塁ミスが目立ったので修正したい」と気を引き締めていた。鍛治舎巧監督(現県岐阜商監督)が退任し、久木田拡吉監督で最初の夏を迎えたが、橋口主将は「自分たちのやることは変わらない」と力を込めた。

[ 2018年7月9日 15:15 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:07月23日23時〜00時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム