為末大氏 蘇炳添の準決勝トップ通過に衝撃 メダル獲得なら「今回の五輪で最も衝撃的な瞬間に」

[ 2021年8月1日 20:21 ]

元陸上選手の為末大氏
Photo By スポニチ

 陸上男子400メートル障害日本記録保持者で、五輪3大会出場の為末大氏(43)が1日、自身のツイッターを更新。同日行われた東京五輪陸上男子100メートル準決勝第3組で蘇炳添(31=中国)がアジア記録の9秒83を叩き出し、全体の1位で決勝進出を決めたことに率直な思いをつづった。

 走りが終わると「蘇炳添!」と衝撃をもって名前だけつぶやいた為末氏はその後「もし100mを蘇炳添が制することがあれば本当に時代を象徴した一幕になりそうです」と連続ツイート。さらに「アジア人が決勝を走っているだけですごいです。もしメダルを取れば陸上界にとっては今回の五輪で最も衝撃的な瞬間になるでしょう」と続けた。

 準決勝の順位は9秒83の蘇炳添が1位で、同タイムでロニー・ベーカー(27=米国)が2位。3位は9・84のラモントマルチェル・ヤコブス(26=イタリア)となっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月1日のニュース