上原浩治氏「俺のハムちゃんが、ピクピクしてる」 陸上100M、蘇炳添の衝撃アジア記録に体が反応

[ 2021年8月1日 20:21 ]

上原浩治氏
Photo By スポニチ

 元巨人エースで、メジャーでも活躍した上原浩治氏(46)が1日、自身のツイッターを更新。同日行われた東京五輪陸上男子100メートル準決勝第3組で蘇炳添(31=中国)がアジア記録の9秒83を叩き出し、全体の1位で決勝進出を決めたことに衝撃を受けた。

 テレビ観戦していたようで「陸上競技…男子100m」と書き出すと「あっという間に終わるなぁ」と苦笑いマークを付けてツイート。「当たり前だけど、マジ速いわ」とつづると「アジア記録が出た。すげぇ~」と蘇炳添の快記録に触れ「俺のハムちゃんが、ピクピクしてる」と自身の太もも裏(ハムストリング)が思わず反応してしまったその衝撃の大きさを明かした。

 準決勝の順位は9秒83の蘇炳添が1位で、同タイムでロニー・ベーカー(27=米国)が2位。3位は9・84のラモントマルチェル・ヤコブス(26=イタリア)となっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月1日のニュース