松山英樹はパー発進 シャウフェレはバーディーで2打差に 東京五輪ゴルフ男子

[ 2021年8月1日 11:31 ]

東京五輪第10日 ゴルフ男子最終日 ( 2021年8月1日    埼玉・霞ケ関CC=7447ヤード、パー71 )

<東京五輪 ゴルフ男子>ティーショットを放つ松山(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 通算13アンダーの2位で出た松山英樹(29=LEXUS)は、通算14アンダーで首位のザンダー・シャウフェレ(米国)、通算12アンダーで3位のポール・ケーシー(英国)とともに最終組で午前11時9分にティーオフした。

 1番はフェアウエーウッドでティーショットを放ち左ラフへ。アイアンでの第2打をピン左14メートルに乗せた。下りのバーディーパットを1メートルに寄せてパーで終えた。

 同組のシャウフェレは1・5につけてバーディー発進。リードを2打に広げた。ケーシーはパーだった。

 この日も厳しい暑さの中のラウンド。松山は何度もタオルで汗を拭っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月1日のニュース