フェンシング 米国チームのマスクが「キン肉マン」の超人みたいと話題に

[ 2021年8月1日 19:50 ]

東京五輪第10日 フェンシング男子フルーレ団体 ( 2021年8月1日    幕張メッセ )

日本の松山恭助と対戦した米国のゲレク・マインハート(右)=ロイター

 フェンシング・男子フルーレ団体で、3位決定戦が行われ、日本(世界ランキング7位)は米国(同1位)に31―45で敗れて4位となりメダルを逃した。

 ネット上では、米国代表の星条旗が描かれたマスクに対する声が多く寄せられた。フェンシングのマスクには、決勝に進出したフランスも国旗をデザインしているが、特に米国は「キン肉マン」の「7人の悪魔超人編」に登場する超人「ミスター・アメリカン」みたいと評判。

 「アメリカのマスクすごいなwもろに星条旗」「キン肉マンにも出られそうなマスクだ」「何度見てもミスター・アメリカン」「フェンシングのアメリカマスクから目が離せない」「アメリカのフェンシングのマスク。これがキャプテンアメリカというキャラですと言われたら信じてしまう」「キン肉マンの超人を思い出しました」「オリンピックに出場中のミスターアメリカン」などの声が多く寄せられていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年8月1日のニュース