陸上男子100 レース前のド派手演出にネット沸く「驚いた」「かっこよすぎた」 「賛否ありそう」の声も

[ 2021年8月1日 22:38 ]

男子100メートルで優勝したイタリアのヤコブス(AP)
Photo By AP

 東京五輪の陸上男子100メートルは1日、国立競技場で決勝が行われ、ラモントマルチェル・ヤコブス(26=イタリア)が9秒80の欧州記録で金メダルに輝いた。フレッド・カーリー(26=米国)が9秒84で銀メダル、アンドレ・ドグラス(26=カナダ)は9秒80で2大会連続の銅メダル。準決勝でアジア新記録の9秒83をマークしてトップで決勝進出を果たした蘇炳添(31=中国)は9秒98で6位に終わった。

 ザーネル・ヒューズ(26=英国)がフライングで失格し、7人での仕切り直しとなった頂上決戦でもエノク・アデゴケ(21=ナイジェリア)が途中棄権となった男子100メートル決勝。ひりひりとした壮絶なレースはもちろん、ネットの話題をさらったのがレース前の演出だった。

 無観客のスタジアム内が一瞬で真っ暗になった後、これからスプリンターたちがしのぎを削るレーンには様々な絵や数字が描かれた色とりどりのプロジェクションマッピングが。緊張のスタート前に起きたサプライズにネット上には「100m決勝の演出すごく良い」「最初のレーンの演出かっこよすぎる」「こんな演出考えていたんだ」「選手紹介の演出かっこよすぎた」「100の決勝の演出が派手で驚いた」「有観客だったらめっちゃ盛り上がってただろうね」「100m決勝の演出かっこよかったから、もう一度見てしまった」と驚きが混じった喜びの声が次々と上がった。

 その一方で、“花形種目”でのド派手な演出に「レース前の演出は停電したかと思っちゃった笑」「他の種目にも色々とやればいいのにとも思う」「演出で煽りすぎだろ笑」「100m決勝前の演出は賛否ありそう」「照明おとしてまた明るくして選手集中できたのかなあ」「注目度高いのは自他ともに認めるところなんやろうけど、主催側が他との差を作っていいんか?とは思うなー。 他の競技だってその人達には特別」などという声もあった。

 また、著名人も反応。元巨人エースで、メジャーでも活躍した上原浩治氏(46)は「選手紹介…格好いいやんかぁ。男子100m決勝…中学生の時、陸上部だったんで気になります」とツイート。日大時代に「箱根駅伝」にも出場した俳優の和田正人(41)も「100m決勝の演出カッコよ!!」とツイッターに投稿した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月1日のニュース