クロネコヤマトに金メダル!?「世界基準」の速さで体操会場の表彰式を設営 スタンドも思わずジーン

[ 2021年8月1日 21:16 ]

<体操男子種目別あん馬決勝>表彰式のセットを準備するクロネコヤマトのスタッフ(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 東京五輪の体操会場となった有明体操競技場で、メダリストも顔負け!?のキビキビとした動きを見せる集団がいた。

 それは「クロネコヤマト」の愛称で親しまれているヤマト運輸のスタッフだ。おなじみとなっている緑地に黄色の縦じまのユニホームをまとい、手際よく表彰式の設営を完了。これには居合わせた選手や関係者も見とれるばかりだった。

 ヤマトホールディングスは、東京2020オフィシャル荷物輸送サービスパートナー。公式ホームページでは「物流を通じて世界から集まるアスリートたちが最高のパフォーマンスを発揮できる舞台を整え、大会の成功に貢献していきます」と宣言している。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月1日のニュース