柔道・新井 金メダリスト対決はパワーに屈す「先鋒としていい流れをつくれずふがいない」

[ 2021年8月1日 05:30 ]

東京五輪第9日 柔道混合団体決勝   日本1ー4フランス ( 2021年7月31日    日本武道館 )

決勝の第1試合、合わせ技で敗れた新井(左)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 柔道混合団体決勝のフランス戦で金メダル対決に敗れた新井は「先鋒として、いい流れをつくれずふがいない。何とも言えない気持ち」とさばさばした表情で語った。

 1階級下のアグベニェヌだが、小内刈りで2度技ありを奪われ完敗。「物凄いパワーだった。爪が半分裏返ってしまうほどのパワーで、自分の柔道ができなかった」と認めた。その一方、大会全体を通じて「結果が重視されがちだが、やってきたことを出し切れたと思う」と満足げだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月1日のニュース