シャウフェレ 68で単独首位キープ 日本にも深い縁

[ 2021年8月1日 05:30 ]

東京五輪第9日 ゴルフ男子第3日 ( 埼玉・霞ケ関CC=7447ヤード、パー71 )

第3ラウンド、通算14アンダーで首位のザンダー・シャウフェレ
Photo By 共同

 米国代表のシャウフェレが68とスコアをまとめ、第2ラウンドからの単独首位を維持。「いいゴルフができたと思う。しっかりと耐えることができた」と納得の表情を浮かべた。

 母が台湾生まれ日本育ちで、祖父母は現在も東京都在住と日本に深い縁がある。最終日は優勝争いの末に3位に終わった4月のマスターズ以来となる松山との最終組。世界ランク5位の実力者は「もちろん自分の国を代表して、ベストを尽くすつもりだよ」と力を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月1日のニュース