男子400M障害、早大4年・山内 準決勝49秒35の3組6着で決勝届かず

[ 2021年8月1日 21:25 ]

東京五輪第10日 陸上・男子400メートル障害準決勝 ( 2021年8月1日    国立競技場 )

 男子400メートル障害で五輪初出場の早大4年生・山内大夢(21)が1日、準決勝に出場し、3組49秒35のタイムで6着で決勝に駒を進めることはできなかった。

 日本人選手3人が出場した予選で、49秒21の組3着で唯一の準決勝に駒を進めた山内。5月のテスト大会で自己ベストを出している競技場だったが、決勝の壁は高かった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月1日のニュース