山口「悔いの残る大会」 今大会初めて先発外れる

[ 2014年6月25日 11:40 ]

後半、パスを出す山口

W杯1次リーグC組 日本1―4コロンビア

(6月24日 クイアバ)
 山口は今大会初めて先発を外れ、後半17分から青山に代わって出場した。全力で帰陣してピンチを防ぐ場面もあったが、後半から入ったロドリゲスが軸となる速攻は止められなかった。「10番(ロドリゲス)が入り、彼1人で流れが変わった。2点目を与えたのが痛かった」と悔やんだ。

 今回選ばれた守備的MF4人の中では23歳と最も若い。今後を担う1人との期待もある。「悔いの残る大会となった」という無念は、4年後に晴らすしかない。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年6月25日のニュース