2021年11月

[ 2021年11月19日 21:00 ]

 国際サッカー連盟(FIFA)は19日、最新世界ランキングを発表し、日本は二つ順位を上げて26位となった。

 アジア勢最上位のイランは21位で韓国が33位、オーストラリアが35位。1~3位のベルギー、ブラジル、フランスは変わらず、イングランドが4位、アルゼンチンが5位に浮上した。

 今回発表されたFIFAランキングの上位30チームは以下の通り。2021年10月FIFAランキング(10月21日発表)※カッコ内は、前回順位

 1(1)ベルギー
 2(2)ブラジル
 3(3)フランス
 4(5)イングランド
 5(6)アルゼンチン
 6(4)イタリア
 7(8)スペイン
 8(8)ポルトガル
 9(10)デンマーク
 10(11)オランダ
 11(12)ドイツ
 12(13)アメリカ
 13(14)スイス
 14(9)メキシコ
 15(18)クロアチア
 16(16)コロンビア
 17(15)ウルグアイ
 18(17)スウェーデン
 19(19)ウェールズ
 20(20)セネガル
 21(22)イラン
 22(24)ペルー
 23(25)セルビア
 24(21)チリ
 25(26)ウクライナ
 26(28)日本
 27(23)ポーランド
 28(29)モロッコ
 29(27)チュニジア
 30(32)オーストリア

 以下 アジアサッカー連盟加盟主要国

 33(35)韓国
 35(34)オーストラリア
 48(49)サウジアラビア
 51(46)カタール
 70(69)UAE
 74(75)中国
 75(72)イラク
 78(77)オマーン
 84(84)ウズベキスタン
 85(85)シリア
 90(91)バーレーン
 91(90)ヨルダン
 94(92)レバノン
 99(98)ベトナム
 104(106)インド
 109(110)北朝鮮
 118(117)タイ

続きを表示

バックナンバー

もっと見る