FIFAランキング

2018年10月

 国際サッカー連盟(FIFA)は25日、最新の世界ランキングを発表し、日本は前回の54位から50位に浮上した。アジア勢はイランが30位、オーストラリアが42位、韓国は53位とそれぞれ上がった。

 ベルギーが単独トップとなり、前回1位で並んでいたフランスは2位に下がった。3位ブラジル、4位クロアチアは変わらず、イングランドが5位となった。

 2018年10月FIFAランキング(10月25日発表)

 ※カッコ内は、前回順位

 1(1)ベルギー
 2(1)フランス
 3(3)ブラジル
 4(4)クロアチア
 5(6)イングランド
 6(5)ウルグアイ
 7(7)ポルトガル
 8(8)スイス
 9(9)スペイン
 10(10)デンマーク
 11(14)コロンビア
 12(11)アルゼンチン
 13(12)チリ
 14(12)ドイツ
 15(17)オランダ
 16(16)メキシコ
 17(15)スウェーデン
 18(19)ウェールズ
 19(20)イタリア
 20(21)ペルー
 21(18)ポーランド
 22(23)チュニジア
 23(22)アメリカ
 24(23)オーストリア
 25(24)セネガル
 26(27)ルーマニア
 27(29)ウクライナ
 28(26)スロバキア
 29(32)ベネズエラ

 以下 アジアサッカー連盟加盟主要国

 30(33)イラン
 42(43)オーストラリア
 50(54)日本
 53(55)韓国
 72(71)サウジアラビア
 74(74)シリア
 75(76)中国
 81(77)UAE
 82(77)レバノン
 84(85)オマーン
 89(89)イラク
 94(96)ウズベキスタン
 96(94)カタール
 99(100)パレスチナ

[ 2018年10月26日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

バックナンバー

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:11月22日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム