2024年6月

[ 2024年6月20日 22:27 ]

 国際サッカー連盟(FIFA)は20日、世界ランキングを更新し、日本は前回から順位を1つ上げた17位でアジア最上位を守った。

 また、今回のランキングにより27日に行われる26年W杯北中米大会アジア最終予選組み合わせ抽選のポット分けで日本はイラン、韓国とともに第1ポットに入ることが濃厚となった。

 2024年6月FIFAランキング(6月20日発表)※カッコ内は、前回(2024年4月)順位

 1(1)アルゼンチン
 2(2)フランス
 3(3)ベルギー
 4(5)ブラジル
 5(4)イングランド
 6(6)ポルトガル 
 7(7)オランダ
 8(8)スペイン
 9(10)クロアチア
 10(9)イタリア
 11(11)アメリカ
 12(13)モロッコ
 12(12)コロンビア
 14(15)ウルグアイ
 15(14)メキシコ
 16(16)ドイツ
 17(18)日本
 18(17)セネガル
 19(19)スイス
 20(20)イラン
 21(21)デンマーク
 22(23)韓国
 23(24)オーストラリア
 24(22)ウクライナ
 25(25)オーストリア
 26(28)ポーランド
 27(26)ハンガリー
 28(27)スウェーデン
 29(29)ウェールズ
 30(31)エクアドル


 以下 アジアサッカー連盟加盟主要国


 35(34)カタール
 55(58)イラク
 56(53)サウジアラビア
 62(64)ウズベキスタン
 68(71)ヨルダン
 69(67)UAE
 76(77)オマーン
 81(80)バーレーン
 88(88)中国
 93(89)シリア
 100(101)タイ
 102(99)タジキスタン
 110(118)北朝鮮
 116(115)ベトナム
 117(120)レバノン
 124(121)インド
 134(134)インドネシア
 137(139)クウェート

続きを表示

バックナンバー

もっと見る