2020年4月

[ 2020年4月9日 21:22 ]

 FIFA(国際サッカー連盟)は9日、最新の世界ランキングを発表した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により全てのW杯予選と多くの国際親善試合が延期となったためランキングの動きがほとんどなく、日本は28位のままでアジア最上位をキープした。

 ランキングに動きがあったのは南スーダンのみ(169位から168位へアップ)だった。

 2020年4月FIFAランキング(4月9日発表)

 ※カッコ内は、前回順位

 1(1)ベルギー
 2(2)フランス
 3(3)ブラジル
 4(4)イングランド
 5(5)ウルグアイ
 6(6)クロアチア
 7(7)ポルトガル
 8(8)スペイン
 9(9)アルゼンチン
 10(10)コロンビア
 11(11)メキシコ
 12(12)スイス
 13(13)イタリア
 14(14)オランダ
 15(15)ドイツ
 16(16)デンマーク
 17(17)チリ
 17(17)スウェーデン
 19(19)ポーランド
 20(20)セネガル
 21(21)ペルー
 22(22)アメリカ
 23(23)ウェールズ
 24(24)ウクライナ
 25(25)ベネズエラ
 26(26)オーストリア
 27(27)チュニジア
 28(28)日本
 29(29)トルコ
 29(29)セルビア

 以下 アジアサッカー連盟加盟主要国

 33(33)イラン
 40(40)韓国
 42(42)オーストラリア
 55(55)カタール
 67(67)サウジアラビア
 70(70)イラク
 71(71)UAE
 76(76)中国
 79(79)シリア
 82(82)オマーン
 85(85)ウズベキスタン
 89(89)レバノン
 94(94)ベトナム
 97(97)ヨルダン
 99(99)バーレーン
 113(113)タイ
 116(116)北朝鮮

続きを表示

バックナンバー

もっと見る