今野 先制PK献上「言い訳できない。責任感じる」大敗に沈痛

[ 2014年6月25日 08:33 ]

<日本・コロンビア>前半、今野がラモスを倒しPKに。日本が先制された(AP)
Photo By スポニチ

W杯1次リーグC組 日本1―4コロンビア

(6月24日 クイアバ)
 前半にペナルティーエリアで相手を倒し、痛恨の先制PKを献上した今野は「残念。責任を感じている」を悔しげな表情を見せた。

 勝たなければ、ボールを奪わなければという思いが裏目に出てしまった。「(競り合いで)ボールに触れると思ってチャレンジした。言い訳できない」と前半17分のその場面を振り返った。

 戦う前は「自分たちの持っている力を全部出す」と全力プレーを誓い、前半終了までは1―1の互角。ただ今野自身が「後半は差を感じた」と言う通り、いいようにカウンターを決められさらに3失点で惨敗を喫した。「4年間いい結果を残したいと思いやってきたが残念。悲しい」と敗戦の弁を残してスタジアムを去った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年6月25日のニュース