新技術委員長に鈴木満氏浮上 鹿島一筋、国内最多16冠の立役者

[ 2014年6月25日 11:00 ]

新技術委員長の有力候補に挙がっている鈴木満氏

 日本サッカー協会の原博実専務理事兼技術委員長(55)が、W杯ブラジル大会後に技術委員長を退任し専務理事に専任することが分かった。J1鹿島の鈴木満常務取締役強化部長(57)が後任の有力候補に挙がっている。

 原専務理事は09年2月に技術委員長に就任。岡田ジャパンの10年W杯南アフリカ大会16強進出を支え、アルベルト・ザッケローニ監督(61)の招へいにも尽力した。ザッケローニ監督の就労ビザ取得が間に合わなかった10年9月のパラグアイ、グアテマラ戦では、監督代行を務め2戦2勝。技術委員長としては11年アジア杯優勝、12年ロンドン五輪4強、5大会連続のW杯出場などの実績を残した。

 13年12月には専務理事に就任したが、兼務が難しいためW杯の日本代表の結果に関係なく、技術委員長職を離れることになった。今大会限りの退任が内定しているザッケローニ監督の後任人事が技術委員長として最後の仕事となる見通し。

 鈴木氏は前身の住友金属から鹿島一筋で、元ブラジル代表のジーコ氏にプロとしての哲学を叩き込まれた。ブラジル人監督を採用し続ける一貫したスタイル、戦力バランスに加え、若手の成長を妨げない育成面まで考慮した補強などで、国内最多の16冠獲得に貢献。監督、選手との対話を重視するマネジメント能力にも定評があり、選手、スタッフからの信頼も厚い。

 10年9月からは日本協会の技術委員も兼任。今月上旬には大阪府内で開催されたU―21日本代表の強化合宿に参加していた。中大出身で1学年下の早大出身の原専務理事とは学生時代からの付き合い。以前から日本協会の強化方針の相談を受けるなど結び付きは強く、引き継ぎがスムーズに進むこともメリットになりそうだ。

 ◆鈴木 満(すずき・みつる)1957年(昭32)5月30日生まれ、宮城県出身の57歳。中大卒業後、住友金属に加入して、引退後は指導者に転身。Jリーグ発足時には当時JSL2部の鹿島のリーグ参入に尽力した。96年から強化部長に就任して国内最多の16冠に貢献。現在は常務取締役強化部長を務める。

 ◆原 博実(はら・ひろみ)1958年(昭33)10月19日、栃木県那須塩原市出身の55歳。現役時代はFWで早大在学中に日本代表デビュー。「アジアの核弾頭」の異名を取り、75試合に出場し歴代4位の37得点。引退後は指導者の道に進み98年に浦和の監督に就任。02年からFC東京を率い04年ナビスコ杯を制覇。09年2月には日本サッカー協会の技術委員長に就任。13年2月からは日本協会の専務理事に。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年6月25日のニュース