2つの顔を持つアギーレ氏 おちゃめだが瞬間湯沸かし器

[ 2014年6月25日 07:30 ]

今季、エスパニョールで監督を務めたアギーレ氏(ゲッティ)

ザック監督後任 アギーレ氏最有力

 ピッチの内外で「2つの顔」を持つ。普段は温厚で人当たりも良い。アギーレ氏は、人を楽しませるようなおちゃめな部分を持っているという。

 4年前、日本協会から監督就任を打診された際はメキシコ代表監督としてW杯を終え、休暇を過ごしていたため、丁重に、そして真摯(し)な姿勢で断りを入れたという。

 一方、ピッチ上では力強くチームをけん引する。瞬間湯沸かし器のごとく一瞬で熱くなるタイプだ。

 02年W杯予選では敗退危機にあった代表を立て直し、本大会でも16強へ。また02年にオサスナの監督に就任すると当時弱小だったクラブを05~06年には4位にまで押し上げた。今季、エスパニョールの監督を退任した際、次はサッカーの歴史が浅い国での仕事に興味を示していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年6月25日のニュース