岡崎 同点弾も空砲…ただただぼう然「自分の力のなさが悔しい」

[ 2014年6月25日 07:29 ]

強烈なひじ打ちを食らい鼻を押さえる岡崎(AP)

W杯1次リーグC組 日本1―4コロンビア

(6月24日 クイアバ)
 奇跡を予感させる同点弾も空砲に終わり、岡崎が悔しさをにじませた。勝ちが突破の条件のコロンビア戦でよもやの惨敗。「これが実力だと思う。自分が何もできずがっかり。責任を感じている」と肩を落とした。

 1点リードされた前半終了間際、本田のクロスを頭で合わせて同点とし、先発起用に応えてみせた。それでも、以降は相手の激しいマークの前に見せ場を作ることができなかった。

 「力がなかった。自分の力のなさが悔しくて」と何度も自分を責めた岡崎。「自分たちを信じて応援してくれた人に申し訳ない。今はなにも考えられない」とただただ、ぼう然とするばかりだった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年6月25日のニュース