「自分たちのサッカーを」 決勝T進出懸かるイラン

[ 2014年6月25日 05:42 ]

 サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会の1次リーグF組で25日のボスニア・ヘルツェゴビナ戦に決勝トーナメント進出が懸かるイランが24日、サルバドルで記者会見し、ケイロス監督は「ほとんどの人はイランが勝ち進むと思っていないだろう。だが、夢を育んでいきたい」と力強く話した。

 イランは2試合を終えて、1分け1敗の勝ち点1。指揮官は「余計なことを考えず、守備をしっかりする、自分たちのサッカーをするだけだ」と平常心を強調した。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年6月25日のニュース