監督候補 ペケルマン氏 含みのある発言「日本が関心あること知ってる」

[ 2014年6月25日 07:45 ]

コロンビア代表のペケルマン監督(AP)

ザック監督後任 アギーレ氏最有力

 コロンビア代表のペケルマン監督から日本代表戦前日の会見で含みのある発言が飛び出した。

 「日本が私に関心を持っていることを知っている」と明言。ただ「日本からのオファー、接近は過去になかったし、現時点でもない。今の時点では何も言えないしコロンビアに集中している」と語った。アルゼンチン代表監督時代から日本遠征経験があり、親日家でも知られる。

 ◆ホセ・ペケルマン 1949年9月3日、アルゼンチン生まれの64歳。現役時代はアルゼンチンとコロンビアのクラブで活躍も代表経験はなし。77年に現役引退し、クラブ下部組織の監督を経て94年にアルゼンチンのU―17およびU―20の監督に就任。功績を認められて04年9月に同フル代表監督に就任し、06年W杯で準々決勝敗退の責任を取って辞任。12年1月にコロンビア代表監督に就任した。12、13年に南米の年間最優秀監督賞を受賞。現役時代のポジションはMF。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年6月25日のニュース