【コラム】川本治

守って好機生かす戦い方貫いた、新しい歴史つくれ

W杯ロシア大会1次リーグH組   日本0―1ポーランド ( 2018年6月28日    ボルゴグラード )

 こういう勝ち上がり方も、西野ジャパンらしいかもしれない。1次リーグ突破という当初の目標は達成したが、ひとつ間違えば批判の嵐に直面した可能性もあっただけに、一番ホッとしているのは監督自身だろう。

 先発を6人も入れ替えたのは、相当なギャンブルだった。過去2戦出てない選手を決勝トーナメント進出がかかる大事な場面で起用。だが、いい形を築いてきた1、2戦の流れに乗れていない印象だった。後半の失点は、山口のファウルで招いたFKからフリーの選手に決められた。また、攻撃面でもチャンスらしいチャンスを作れなかった。残念だったのは、局面でのプレーでポーランドの選手に劣っていたこと。ボールを取りに行ったところを簡単にかわされ、カウンターから何度も危ない場面を許した。終盤のボール回しを徹底して危険回避を選択した戦術もかなりギャンブルだったが、何とかしのいだ。結果的には、コロンビアに助けられる形だし、川島のファインセーブがなければもう2、3点失っていたかもしれない。いずれにせよ、西野ジャパンは「持っている」ということを改めて痛感した。

 それでも過去2戦と同様に、粘り強く守って少ないチャンスをものにするという戦い方をしたのは良かった。大会前の評価は3連敗という声も聞かれるほど低かったが、1勝1分け1敗の勝ち点4は立派。運も実力のうちである。決勝トーナメント1回戦はベルギーとの対戦が決まった。ここまで勝ち上がってくるチームはどこも強敵。「持っている」西野監督がどういった布陣で対応するか注目だ。セットプレーへの対策など課題は残ったままだが、短い準備期間で修正して新しい歴史をつくる戦いに臨んでほしい。(元ジェフ市原強化部長) 1次リーグH組  28日の試合

[ 2018年6月29日 16:00 ]

Webtools & Bookmarks

バックナンバー

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:07月22日22時〜23時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム