J2

悔しさだけのプロデビュー 京都MF中野は持ち味発揮できず、オンライン取材で涙「申し訳ない」

 この涙は、いつか大輪の花を咲かせる栄養となるはずだ。プロデビュー戦となった京都MF中野桂太(18)は持ち味を発揮できず、終了のホイッスルを聞いた。試合後のオンライン取材では「後半のゴールを取りたい時間に投入されたのに…バックパスをして仕掛けができなかった。チームメートや…期待して送り出してくれた監督…

2021年3月7日 18:01

ニュース

もっと見る