天皇杯

川崎F・憲剛、有終2冠!現役ラストマッチに「感無量」、ピッチ上で「大の字」

 天皇杯100回大会決勝が1日に国立競技場で行われ、リーグ覇者の川崎Fが同2位のG大阪を1―0で破り大会初優勝を飾った。後半10分に大卒新人のMF三笘薫(23)が右足で決勝弾。現役最後の試合だった元日本代表MF中村憲剛(40)は出番なしに終わったが、チームはクラブ史上初の2冠を達成し、バンディエラ(旗頭)のラストを最…

2021年1月3日 05:30

ニュース

もっと見る