香川 ありのまま動いて「最高のパフォーマンス見せる」

[ 2014年6月25日 04:17 ]

<日本代表前日練習>パス回しの練習で大久保(左)が転倒し、青山、香川(左から)がえみをこぼす

W杯ブラジル大会1次リーグC組 日本―コロンビア

(6月24日 クイアバ)
 本能のままに動く。左MFでの先発出場が濃厚な香川は、公式練習で芝や気候の状態を確かめながらピッチに入った。

 ギリシャ戦ではザッケローニ監督の戦術的な理由からベンチスタートとなり、後半12分から途中出場。コロンビア戦に向けた指揮官の戦術などについて問われると「4年間ずっとやってきているし、今さら監督の言っていることがどうこうじゃない」とキッパリ。「積み上げてきたものを出すべきだし、出さないといけない」と自分らしさを追求することを誓った。

 自負がある。11年アジア杯での優勝に貢献するなど、本田とともに攻撃の二枚看板としてザックジャパンを引っ張ってきた。先発したコートジボワール戦を含め、今大会2試合でシュートはいまだ0だが、このまま終わるわけにはいかない。「必ず勝てるように最高のパフォーマンスを見せたいし、絶対に勝ちたい」。決勝トーナメント進出には勝利が最低条件。結果にこだわり前線で躍動する。 

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年6月25日のニュース