G大阪加地 米MSL・チバスへ完全移籍 26日会見

[ 2014年6月25日 05:30 ]

米MLS・チバスへの完全移籍が決まった加地

 G大阪は24日、DF加地亮(34)が米MSLのチバスUSAへ完全移籍すると発表した。以前から海外でプレーする夢を抱いており、年齢的にもラストチャンスとなる可能性が高いことから、移籍を決断。今月16日に渡米して現地での練習にも参加し、メディカルチェックなどを経て正式に契約を交わした。一時帰国しており、26日に大阪・吹田市内で会見を開く。

 兵庫・滝川二高から98年にC大阪に入団した加地はJ2大分、FC東京を経て06年からG大阪でプレーし、不動の右サイドバックとして活躍。日本代表にも選出され、06年のドイツW杯に出場するなど国際Aマッチ64試合2得点。今季はケガに泣き、出場は6試合にとどまっていた。J1通算300試合3得点。J2では113試合で3得点を挙げている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年6月25日のニュース