途中出場も不発…うつむく柿谷「悔しい 勝ちたかった」

[ 2014年6月25日 10:54 ]

後半、シュートを放つ柿谷(中央)

W杯1次リーグC組 日本1―4コロンビア

(6月24日 クイアバ)
 FW柿谷は1―2の後半24分から出場した。「結果として逆転することができなかった。悔しい」と消え入るような声で言った。

 24歳で迎えた自身初のW杯は大迫、大久保との先発争いでリードを許し、2試合の途中出場にとどまった。個人の悔しさなどは一切口にせず「(2試合ぶりの出場にも)特別な思いはなかった。勝ちたかった」とうつむいたまま、言葉少なだった。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年6月25日のニュース