×

眞鍋かをり 岡山のベトナム実習生暴行に「日本人が声を上げないと政治も動いていかない」

[ 2022年1月27日 14:47 ]

眞鍋かをり
Photo By スポニチ

 タレントの眞鍋かをり(41)が27日、コメンテーターを務めるTBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演。岡山市の建設会社でベトナム人技能実習生の男性(41)が約2年間、日本人従業員から暴行を受けて骨折などのけがを負ったと訴えている問題についてコメントした。

 出入国在留管理庁によると、男性は繰り返し暴行を受けたとして実習制度を監督する外国人技能実習機構に申告。機構は実習先と、男性を仲介した監理団体に改善を勧告。監理許可の取り消しなどの行政処分も含め、調査を続ける。男性などによると、2019年秋に来日し、働き始めてから1カ月ほどで職場での暴行が始まった。暴行を撮った動画には、トラックの荷台で作業する男性がほうきのようなもので頭や体をたたかれる場面や、日本語での受け答えが十分でないとして体を殴られる場面などがあった。

 眞鍋は「日本だと最近、会社のパワハラとかに関しては、すごく厳しい目が向けられている一方で、弱い立場の方々にとってはまだまだ声を上げられるような状況じゃないっていう、特に実習生とか海外の方とかだとすごくまだ弱い立場に置かれてますよね」と指摘。「定期的に実習生がひどい目に遭ったというニュースが出てきますけど、そのたびになかなか私たちもどこか自分事として受け止めてなかったっていう部分はあって、やっぱりそうやって日本人が声を上げないと政治も動いていかない。ただ今回、かなりひどい動画が出回ってわりと日本人の中でも結構、ネットでも議論されているような状況でもあるので。ただ間違った会社を特定してしまったり「して迷惑をこうむっている所もあるみたいなんですけど、でもこうして日本人が問題だって声を上げていかないと本当に弱い立場の人から変えていくっていうのは難しいと思う、国際社会の中でも恥ずかしいことだと思います」と自身の考えを話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月27日のニュース