×

中川翔子 ストーカー規制法、禁止命令後の事件に「被害者は身の守り方がもうない…徹底的に厳しく」

[ 2022年1月27日 13:29 ]

中川翔子
Photo By スポニチ

 タレントで歌手の中川翔子(36)が27日、コメンテーターを務めるTBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演。三重県四日市市の路上で切り付けられた会社員の男性(54)が死亡し、交際相手で近くに住む女性(43)が重傷を負った事件についてコメントした。

 2人は2020年から5回にわたり、女性の元交際相手の男(36)による暴力やストーカーなどの被害を警察に相談。県警は今月14日、男に対し、ストーカー規制法に基づき2人に付きまとわないよう禁止命令を出していた。女性は男に切り付けられたと説明しており、県警は昨年末以降に3人の交際トラブルが深刻化し、事件に発展した可能性があるとみて調べている。事件の約30分後に約10キロ離れたアパートで起きた火災現場で見つかった焼死体は、女性の元交際相手と同一人物で、男性の元同僚。県警は自殺を図ったとみて調べるとともに、女性がこの男に切り付けられたと説明していることから、2人の殺傷との関連を捜査している。

 中川は「ストーカーの被害って、私自身も何度も何度も被害に遭っていて警察にもたくさん相談しているんですけれども、結局、接見禁止令って言ってるだけでしかないので、その後すぐに待ち伏せて逮捕された人もいましたし、しかもその後どうなるかも分からないので本当に今まで事件があってから、被害があってからだんだん法が変わってきているにしても甘すぎます、加害者に対して」と強い口調で話した。そして、「もうこんなことで済むんだったらと思って、感情が暴走してしまって、被害者は身の守り方がもうないです。何度引っ越しても、そして何百万円もお金もかかるし、もう加害者に徹底的に厳しく、もっともっとしてほしいと本当に思います」と厳しい表情で訴えた。

 中川は2018年にストーカー被害に遭い、警視庁がストーカー規制法違反容疑で東京都中野区の無職の男を現行犯逮捕。逮捕容疑は同年9月上旬に警視庁から同法に基づく警告を受けながら、同月13日に都内の中川の自宅付近で待ち伏せした疑い。中川の知人が柴容疑者を発見し110番。駆けつけた警察官が現行犯逮捕した。また、昨年10月には、中川への脅迫と侮辱を書き込んだ疑いで東京都内の20代男性が書類送検されている。書類送検容疑は同年6月、ネット掲示板に中川について「自殺しろ」「殺害する」などの書き込みや、中傷するような文言を投稿した疑い。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月27日のニュース