さんま&マツコ新番組、初回いきなり“裏かぶり” コスプレで「サザエさん」リスペクト!?

[ 2021年4月18日 21:09 ]

TBS新番組「週刊さんまとマツコ」で共演するマツコ・デラックス(左)と明石家さんま
Photo By スポニチ

 タレントの明石家さんま(65)とマツコ・デラックス(48)が共演するTBSの新バラエティー番組「週刊さんまとマツコ」(日曜後6・30)が18日にスタート。エンディングで放送された“衝撃シーン”がインターネット上で話題となっている。

 さんまとマツコはフジテレビ「ホンマでっか!?TV」で約10年に渡って共演していたが、昨年9月にマツコが番組を降板し、2ショットが見られなくなっていた。マツコの「なにか一緒にやりたい」という希望から始まった今番組は、「ホンマでっか…」以来となるビッグネーム同士の顔合わせ。しかし初回放送ではさんまとマツコが収録前にそれぞれの楽屋でスタッフと打ち合わせをしたり、メークをしたり、弁当を食べたり…といった場面が流され、2ショットでのトークはなし。さんまの楽屋には「炎の体育会TV」(土曜後7・00)の収録をしていたという今田耕司(55)、「雨上がり決死隊」の蛍原徹(53)、宮川大輔(48)があいさつに訪れる場面もあった。

 楽屋トークのみで新番組の初回が終了するという“ゆるいスタート”かと思われたが、エンディングでは同時間帯で直接対決するフジテレビ「サザエさん」(日曜後6・30)のコスプレで2人が登場するというまさかの展開に。さんまは和服にメガネ、“1本毛カツラ”で「波平」に扮し、マツコは黄色&ピンクの衣装とサザエさんヘアで大変身。裏番組をかなり意識した作りに、ネット上では「週刊さんまとマツコがサザエさんを潰しに行ってるw」「さんまさんが波平さん マツコさんがサザエさん 裏かぶりコスプレや」「さんまとマツコの番組サザエさんにケンカ売ってるw」「波平さんとサザエさんのコスプレなのは裏番組へのリスペクトやな」「どんな番組になるのか楽しみで仕方ない」と期待する声があふれた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月18日のニュース