安藤優子氏 情報番組での記者への質問“イジメ”指摘に「聞くのが私の仕事、役目…イジめてない」

[ 2021年4月18日 12:51 ]

ニュースキャスターの安藤優子氏
Photo By スポニチ

 キャスターの安藤優子氏(62)が18日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。情報番組での“指摘”に対して答える場面があった。

 番組では、お笑いトリオ「3時のヒロイン」の福田麻貴(32)をゲストに招き、ツイッターでの“容姿ネタ”の封印宣言についてトークを展開。その中で、福田は「昔はたぶんテレビの中ってちょっとフェイクっていうのを分かって見てたんですけど、最近、YouTubeはリアルを求められている時代で、若ければ若いほど、テレビの事もリアルに、ドキュメントとして捉えている」と発言した。

 この発言に、安藤氏は「見ている側がネタなのに、リアルじゃないかって錯覚してみているっておっしゃった」としたうえで「まさに、同じことが情報番組をやっていても起こる」と訴えた。というのも「出先の記者に質問するじゃないですか。『それ、どういうことですか?』って。すると『イジめてる』みたいなことを言われる。つまり、わからないことを聞くのが私たちの仕事で、どうなっているか、よくわからないから、その記者に聞くのが私の仕事であり、役目じゃないですか。イジめてない!」と主張した。

 この話に、俳優の石原良純(59)から「そういうのを見ていて、若い人たちって本当に傷ついたり、嫌だって思ったりしてるってこと?」と話を振られたお笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹(29)は「感じているのはそれが行われて、『私も同じことされるんじゃないか』とか、『私もそういう見た目だからそういうふうに言われるんじゃないか』とか。(あと)言われている当事者じゃなくて、周りが意識が高くなっているんで、『それをやることで私の周りで誰々が傷つくんだけど』とか、多様性が広がっている時代だからこそ、難しくなってきている」と説明した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月18日のニュース