和田アキ子 コロナ感染のノンスタ井上から電話「『どこでかかったか分からない』って」

[ 2021年4月18日 12:47 ]

歌手の和田アキ子
Photo By スポニチ

 歌手でタレントの和田アキ子(71)が18日、TBS系「アッコにおまかせ!」(日曜前11・45)に出演し、新型コロナウイルスに感染し、療養中のお笑いコンビ「NON STYLE」井上裕介(41)と電話で話したことを明かした。

 番組では井上のほか、タレント後藤真希(35)、俳優・山本耕史(44)、女優・貫地谷しほり(35)ら芸能人の新型コロナ感染が相次いでいることを伝えた。和田は番組準レギュラーの井上について「井上とも話しましたけど、すごい元気なんですよ。電話がかかって来て。『自分でどこでかかったか分からない』って」と報告した。

 井上は吉本興業の劇場で10公演に出ていたという。和田は「そうすると、吉本って劇場いっぱいあるから、みんな楽屋とか使うでしょう?『そこが心配です』って言ってた」と、井上の心配を代弁していた。

 井上の相方・石田明(41)は濃厚接触者に該当し、自宅で家族と隔離生活を送っている。和田は「今、陽性の人より濃厚接触者の方が長い間、隔離が必要なんですってね。いつ出てくるか分からないから。いつ発症するから分からないから」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月18日のニュース