コロナで公開延期の人気映画が“渋滞中” 繁忙期の夏休み&冬休みにズラリ

[ 2021年4月18日 05:30 ]

新型コロナで公開が延期されている主な映画
Photo By スポニチ

 新型コロナの影響で昨年春から公開が延期される作品が相次いだ。特に米ハリウッドの大作はほとんど公開のめどが立たず、今年以降にずれ込んだため、夏休みや冬休みの繁忙期に“渋滞”する可能性が出ている。

 既に夏の公開で決定しているのはマーベルの最新作「ブラック・ウィドウ」(7月9日)、「ワイルド・スピード ジェットブレイク」(8月6日)。冬には「キングスマン ファースト・エージェント」(12月24日)などが控える。ほかに「トップガン マーヴェリック」、「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」、「ゴーストバスターズ アフターライフ」なども年内公開を予定している。

 邦画では、岡田准一主演の「燃えよ剣」が約1年半の延期で今年10月を予定。2度目の緊急事態宣言で3月に公開予定だった「ドラえもん のび太の宇宙小戦争2021」、「キネマの神様」なども延期された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月18日のニュース