EXIT兼近 新型コロナのワクチン接種で私見「20代の僕らのところには未来永劫、回ってこない感覚」

[ 2021年4月18日 14:34 ]

お笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹(29)が18日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。接種の遅れが指摘されている新型コロナウイルスのワクチンについて私見を述べた。

 兼近は接種の順番については「僕はもちろん、医療従事者、高齢者優先っていうのはある」としたうえで「結局、20代の僕らのところには未来永劫、回ってこない感覚がある」と指摘。「ある程度、落ち着いたころに、さあ打てますよ、どうしますか?がくると思う。もうコロナ終わってるわ、すたれてるわって時に、回ってくるんだろうなって意識がある」と見解を示した。

 そのうえで「とにかく僕らは重症化することは少ないという言われている世代なんで、僕らは置いておいて、若者はほったらかして、上の世代でごちゃごちゃ決めてほしいなと感じはあります。若者は忘れてほしい」と続けた。

 ただ「学業とかにしわ寄せがいくんですよ。学校を休校にしますとか」とも。「学びって言うのは絶対にやるべきもの。そこに若者にしわ寄せをいかせるんじゃなくて、そこも上の世代でしっかり考えてやってほしいなってところはある」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月18日のニュース