中村獅童 超歌舞伎は「毎回魂が震える経験」 巨大3面スクリーンで初音ミクとコラボ

[ 2021年4月18日 05:30 ]

3面スクリーンで超歌舞伎を上演した中村獅童
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優の中村獅童(48)が17日、熊本県内で行われた超歌舞伎「今昔饗宴千本桜2020夏」の上映イベントに出席した。獅童の名物企画で、CG技術を駆使してバーチャルアイドルの初音ミクとコラボする現代歌舞伎。今回は、その超歌舞伎を巨大な3面スクリーンで上演した。

 舞台あいさつでは「超歌舞伎の現場に来ると毎回魂が震える経験をさせてもらっています」と感無量。「3面スクリーンは、この『超歌舞伎』がはしりだ、ということを強調しておきたい」と笑みを浮かべた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月18日のニュース