橋本マナミとゴー☆ジャスが高級食材「フカヒレ」賭け激アツ再戦!

[ 2021年4月18日 12:37 ]

おなじみの宇宙海賊衣装のゴー☆ジャスとチャイナドレスで登場した橋本マナミ
Photo By スポニチ

 来週からいよいよ大型連休。楽しく遊びたいという人に、ぴったりのオンラインカジノゲームが「ミスティーノFREE」だ。スマホやタブレット、パソコンがあればOKでスロット、ポーカー、バカラなど50種類以上のゲームが無料で楽しめる。その世界観をタレントの橋本マナミ(36)と、芸人でYouTuberのゴー☆ジャスが体感。豪華賞品「フカヒレ」を賭け、激アツ勝負を繰り広げた。

 3月の対戦で橋本に敗れたゴー☆ジャスに、リベンジの機会がやってきた。インコが左肩に乗る奇抜な衣装に身を包み、小道具の地球儀もばっちり用意。「前回ミスティーノFREEを初体験し、本当に面白かった」と振り返ると「毎日バカラのことを考えていた。配られたカードの合計数字が9に近い方が勝つというルールなので、寿司を食べる時も9貫で止めるようにした」と意識を高めてきたという気合の入れようだ。

 そんなゴー☆ジャスが橋本を出迎えると、その衣装は赤のチャイナドレス。スリットからのぞくナマ足はセクシーそのもので、シャイなゴー☆ジャスは視線を合わせることができなかった。「僕は2児の父なので…」と子持ち既婚者としての自制心からうつむくと、サービス精神旺(おう)盛な橋本は「このスリット、見てください!」とカメラに向かってリップサービス。すると、ゴー☆ジャスは「見てもいいって言いましたよね!?合法ですよね!」とやっとガン見し、やる気もアップした様子だった。

 橋本があらためて「ミスティーノFREEは無料で遊べるオンラインゲームで、カジノにあるルーレット、バカラ、ブラックジャック、ポーカー、スロットなど50種類以上のゲームを楽しめます。スマホやタブレット、パソコンがあればいつでもどこでもできちゃいます」と説明。自身のチャイナドレスについては「中国をモチーフにしたスロットがあるんです!今日はそのドリーム・オブ・ゴールドもプレーしたいと思います」とアピールした。

 勝者へのご褒美は高級食材「フカヒレ」。テンションの上がった2人は、まず人気ポーカーゲーム「カジノ・ホールデム」をチョイスした。ペア、フラッシュ、フルハウス、フォーカードなどの役を作ってディーラーと勝負。意外にも両者ともミスティーノFREEでは初挑戦となるゲームとなったが、すぐにその世界観に引き込まれる。本番前の練習では、勝負を続ける「コール」、降りる「フォールド」などのゲーム進行や、役を確認しスタート。

 それぞれが5回勝負し、独自通貨MT$を多く稼いだ方が勝ち。最低ベットが5MT$というローカルルールが採用された。

 後攻が好きなゴー☆ジャスは「スタンバイの状態でタブレットを持っているので、そのまま橋本さんが先で」と話し、今回も橋本が先手となった。思い切りのいい橋本がまずは「4」の1ペアで勝利すると「運がいいですね」と笑顔。2回目は2ペアで勝ち、3回目はフォールド。4回目は5枚のカード全てがクラブのフラッシュで勝利し「勝った!」と快哉を叫んだ。ラストは落としたものの上々の滑り出しだ。

 対するゴー☆ジャスは1回目に相手がスリーカードを作り敗戦。2&3回目はフォールド。「僕、ディーラーを怒らせました?(橋本のような)女性が好きなのかな」とがっくり。それでも「行くしかない」と開き直った4回目は「ハイカード」で待望の勝利。勢いに乗って臨んだ5回目はベット額を一気に40MT$に引き上げ一発を狙った。しかし、結果はプッシュ(引き分け)。「何だ?」とぼう然。引き分けのため、ベット全額が返金されるという結末に「1カ月前もそのまま戻ってきた…」と肩を落とした。

 その言葉通り、前回も逆転勝利を狙ったバカラの最終回で引き分けとなるタイを引き当てていた。「逆転なら良し、大負けしても芸人としてはオイシイ」という展開をまたも逃し、もどかしさを募らせた。

 結果は橋本6017・5MT$、ゴー☆ジャス5990MT$で橋本が先勝した。

 続いて「バカラ」で勝負。「バカラは皆が大好き」と橋本が言うように、バンカー、プレーヤーのどちらかが勝つかを予想するゲームだが、流れを見極める面白さがある。勝者を予想し、配られたカードの合計が9に近い方が勝利となる。今回も橋本からゲームを開始すると、1回目はプレーヤーに賭けて勝ち、2回目は負け。しかし、「バンカーが来る」と予想した3回目から圧倒的な強さを見せ、バンカーに3連続で賭けて3連勝。流れを引き寄せ「勝った~!バカラが1番好き」と喜びを爆発させた。

 一方「寿司も9貫を食べるようにした」と私生活でも「9で勝つゲーム」への思いを募らせたゴー☆ジャスだったが、1回目は10MT$をバンカーにベットし敗戦。2回目はベット額を倍の20MT$にしてプレーヤーで勝利。続く3回目はベット額を40MT$としたが敗戦。「オワタ…」と消沈して臨んだ4回目はプレーヤーに連続ベットしたものの出目は「8」と「8」で、自らは賭けていないタイ。最終5回目は「全額賭ける」とベットしたがまたも敗戦。1勝しかできず「結果は見るまでもない」とうなだれた。

 しかし、ここでスタッフによる途中集計では「僅差」という報告が舞い込んだ。 実は、ゴー☆ジャスはバカラの最終回で全額をベットしたと思っていたが、実際は600MT$しかベットしていなかったのだ。不幸中の幸いに、ここまでの合計金額は両者に明かされないまま最後の「ドリーム・オブ・ゴールド」に突入した。

 「ドリーム・オブ・ゴールド」こそ、橋本が今回チャイナドレスをまとう理由となった人気スロット。中国で縁起のいい数字「8」や動物の「カエル」がモチーフになっており、カラフルなチャンスアクションは大興奮間違いなしだ。カメラに向かって、スリットから右大腿部を大胆に露出した橋本はここでも強運ぶりを見せつける。

 20MT$をベットし、チャンス目のリスピンを3回引いて画面がゴールドに。その後は「888」をそろえてビッグウィンに突入した。勢いに乗って再度ビッグウィンを引き当て楽勝ムードが漂った。ゴー☆ジャスは波に乗れず、最後までフィーバーせずあきらめムードだったが、集計では橋本が596MT$、ゴー☆ジャスが601MT$!

 実はゴー☆ジャスは今回、最初から15MT$でベットを続けており、フィーバーこそなかったがロスも少なかったのだ。一方、終始20MT$でベットし続けた橋本はフィーバーしたものの全体では高ベットがマイナスに出る展開となってしまった。1勝1敗となり、がぜん注目された最終合計金額は橋本1万2705・5MT$、ゴー☆ジャス1万1961MT$。結局、橋本が連続で勝利をものにした。

 2戦目の「バカラ」は橋本1万2109MT$、ゴー☆ジャス1万1360MT$だったことも明かされ、ゴー☆ジャスの健闘はむなしいものとなった。「フカヒレやったー!旦那さんと食べます」と喜ぶ橋本に対し「何のために一回喜んだのか…。スロットで勝ってうれしかったのに。フカヒレを今まで食べたことがないのに」とうなだれたゴー☆ジャス。追い打ちをかけるように、橋本からの「ノッているのは肩のインコだけ?」という厳しい声に「次も僕を呼んでほしいが、同じ事務所のスギちゃんもお願いします」と先輩の名前をアピールするのが精いっぱいだった。

 それでも、今回もゲームを満喫したゴー☆ジャス。最後は気を取り直し、橋本と「ミスティーノFREEで検索してください!」と笑顔で声をそろえた。


 ★カジノ・ホールデム★
 プレイヤー同士で戦うテキサスホールデムを「対ディーラー」版にしたゲーム。プレーヤーに配られる2枚のカードと場に配られる5枚のカードの計7枚のカードのうち5枚を組み合わせて役を作る。「Ante」の位置に賭け金を置き、配られたカードを見て、プレーヤーは「Ante」に置いた額の2倍を置きコール(勝負)かフォールド(勝負を降りる)を選択。

 ★バカラ★
 カジノテーブルの定番ゲームで「カジノの王様」と呼ばれている。プレーヤーとバンカーのどちらが勝つかを予想するゲーム。配られたカード合計の下ひと桁が9に近い方が勝ち。プレーヤーが勝つと賭け金の1倍が配当、バンカーが勝つと賭け金の0.95倍の配当となる。同じ合計数だとタイとなりドローで賭け金の配当が8倍に。

 ★ドリーム・オブ・ゴールド★
 人気を誇る「ハワイアンドリーム」の仕様を継承した3×3のスロット。リスピンでのボーナス突入確率がアップし、リスピン3連発でフリースピンボーナスが確定する。金運をもたらすカエルがモチーフでビッグウィンからのラッシュは怒とうの配当。カエルが乱舞、ランプも点灯し、興奮度はマックスになる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月18日のニュース