3時のヒロイン・福田 “容姿ネタ”封印宣言の真意「ヒヤヒヤしながらネタを披露するって何やねん!って」

[ 2021年4月18日 11:11 ]

3時のヒロイン・福田麻貴
Photo By スポニチ

 お笑いトリオ「3時のヒロイン」の福田麻貴(32)が18日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。“容姿ネタ”封印の真意を語った。

 福田は8日、自身のツイッターで「あと今度改めて詳しく書きますが、この数週間で容姿ネタに関してじっくり考える機会が何度かあって、私達は容姿に言及するネタを捨てることにしました!思いはまた書きます。エンタはそう決める前に収録したもので、さらに別番組で5月にもう一本そのようなネタが放送されますが、以降は作りません」と宣言。このツイートが大きな反響を呼んだ。

 福田は「ここまで話題になると思わずにツイートしちゃって」と本音をこぼしつつ、「今、容姿ネタってウケなくなったなって、劇場でも肌で感じていたんです。ブスとかデブとかハッキリ言っちゃうと、前は結構ウケてたところがあんまりウケなくなっているなと感じていた」と説明した。

 さらに「私も相方も3人ともめちゃくちゃイジられたいタイプなんです。何なら私は見つけたと思ったんです、私の顔を上手いこと例えるネタを見つけたと思ってたのと裏腹に、全然どんどんウケなくなっているなと感じていて。これでテレビで出そうと思った時に、これで誰かが傷ついたり、そういう心配をヒヤヒヤしながら、ネタを披露するって何やねん!って思って。ウケへんならやる必要ない。面白いからやってることであって、どんどん時代の流れで大衆的な笑いではなくなってきたのかなと思って…」と続けた。

 7日に放送された、日本テレビ「エンタの神様」に出演した際、ネタの途中で「2年ぬか床に漬けたあいみょんみたいな顔をしてる」「リトグリに書類審査で落ちたみたいな顔をしてる」と、福田の容姿をイジる場面があった。放送後、それぞれの一部ファンの間で「例えの意味がわからない」「悪く言われてるように感じた」と波紋を呼んでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月18日のニュース