吉永小百合「一緒に仕事してきた志村けんさんや岡江久美子さんが…」コロナ禍で在宅医演じた葛藤告白

[ 2021年4月18日 16:34 ]

主演映画「いのちの停車場」の撮影を振り返った吉永小百合
Photo By スポニチ

 女優吉永小百合(76)が18日、大阪市内で会見し、主演映画「いのちの停車場」(5月21日公開)の撮影を振り返った。

 自身の父も含め、患者が理想とする最期をどう迎えさせてあげるべきかを考え、寄り添う在宅医を熱演した。昨年、コロナ禍の中で撮影され、「一緒に仕事をしてきた志村けんさんや岡江久美子さんが、ご家族と会うこともできずに亡くなっていくという現実を見せられて、胸が詰まった」と告白。「ずっと撮影中も悩みっぱなし。それを役に出せばいいのではないかと思って演じました」と振り返った。

 成島出監督(60)は、「ラストシーンは悩んだが、吉永さんが真っ白になった。キャリアのある大ベテランはどうしても考えてしまうものだが、真っ白で演じきってくれた」と感謝。「吉永さんに初めて言うんですけど、奇跡が起きた、凄いことだと思っています」と絶賛していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月18日のニュース