「GENERATIONS」白濱亜嵐 サプライズで届いた母の手紙に照れ笑い「尺使ってすみません」

[ 2021年4月18日 05:30 ]

テレビ朝日ドラマ「泣くな研修医」のリモート記者会見に登場した(左から)恒松祐里、野村周平、白濱亜嵐、木南晴夏、柄本時生
Photo By スポニチ

 男性7人組「GENERATIONS」リーダーの白濱亜嵐(27)が17日、主演を務めるテレビ朝日ドラマ「泣くな研修医」(24日スタート、土曜後11・00)のリモート記者会見に登場した。自らの無力さにもがきながらも、熱意を失わず同僚の研修医とともに成長していく姿を描く青春群像劇。白濱は「医療従事者の方にも熱い思いが届けられたら」と語った。

 会見ではサプライズで、白濱の母親から愛息宛てに寄せられた手紙が読み上げられた。「芸能人になる」という夢をかなえた息子への思いがつづられており、白濱は「素敵な内容だけど、うちの母親が尺使ってすみません」と照れ笑いを浮かべていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月18日のニュース