品川ヒロシ監督 作品上映後にスタンディングオベーション「泣いちゃいました」

[ 2021年4月18日 05:30 ]

映画「リスタート」の沖縄国際映画祭上映イベントに出席した(左から)「DOBERMAN INFINITY」のSWAY、「HONEBONE」のEMILY、品川ヒロシ
Photo By スポニチ

 品川庄司の品川祐(48)が17日、都内で、品川ヒロシ名義で監督を務めた映画「リスタート」の沖縄国際映画祭上映イベントに出席した。北海道下川町を舞台に、歌手を目指して上京するも夢破れて故郷に戻る女性を描いた青春物語。

 上映後はスタンディングオベーションとなり、観客とともに見ていた品川は「泣いちゃいました」と感無量。「もう48歳ですが、青春の一ページを切り取ったような熱い作品です」と語った。主演はフォークデュオ「HONEBONE」のEMILY(30)が務めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月18日のニュース